フルート講師 金子良江


オンライン楽器レッスン Joyle(ジョイル)フルート講師の金子良江です。

今回は、私の自己紹介を書いてみます。小さい頃は音楽の道に進むことになるとは、全く思ってなかったのですが、今ではなんとフルート講師。そんな”普通に見えてちょっと意外”な私の音楽への道をご紹介します。

フルートを始めたきっかけ

小さい頃
小さい頃

フルートを始めたのは、中学校で部活に入ってからです。姉がサックスをやっていた影響で、サックスをやってみたかったのですが、試しにフルートをやってみたらすっかり魅せられました。最初は、”タダの棒“に見えたフルートが、自分に吹いてみて「素敵な音がなるじゃん!」と気づいたんですね(笑)。

そして高校は、音楽科に進むことになります。高校受験で進路を決める際、当初は普通校を志望していたのですが、「やっぱり音楽を続けたい」と思い、両親や先生を説得して、なんとか音楽科に進学することが出来ました。

ちなみに、クラシック音楽を始めたのは、この高校受験のときです。ピアノを専門とする方が、もっと小さい頃からクラシックに慣れ親しんでいることに比べると、遅い方かもしれませんね。もちろん、今ではすっかりクラシック漬けですよ!

大学に進学して

14611019_562586130604698_1464608958204761210_n大学は、フェリス女学院大学に進学しました。フェリスを選んだのは、学校見学でとても心地良いことを知ったからなんですが、就職率が良いなど、将来の進路についても面倒見が良さそうだと思ったからです。雰囲気の良い横浜元町にあるのもポイント高いです。

また、フェリスには競争が少ないのも特徴です。学長自ら「生徒たちには自由な校風の下で、のびのびとやってもらいたいんです。ですから、生徒同士で競わせるようなことはいっさいしていません。」(参考:「フェリス女子」は、お嬢様学校ではない! フェリス女学院、田部井善郎校長に聞く)とおっしゃるのは、ちょっと良いですよね。

大学では、Joyle のヴァイオリン講師でもある早川乃里子講師との出会いなど、良い先輩・友達に恵まれ、充実したキャンパスライフを送っています。

レッスンの講師やってみて

元々、教えるのは好きでした。過去には、中学生のグループレッスンや、小学生に教えたこともあります。

私のレッスンでは、特に体の使い方について教えたいと思っています。楽器を構えると、どうしても体が緊張してくるのですが、できるだけ楽に、自然体で吹きたいものです。楽器を吹いているというより、「たまたま出た息がフルートに入った感じ」です。力まず、自分が丸い地球に立っていることを意識し、 地球の裏側のブラジルの空気を吸っている気持ちで吹けると、とても良い音が出るんですよ。

他に私が教えたいことは、 「音楽は競争ばかりではない」ということです。音楽の世界に入って競争に巻き込まれることの大変さも知り、つらい時期もありましたが、今では「自分の音楽は、個性」と割り切れようになりました。そう、音は十人十色なんです!各生徒さんの個性を引き出していきたいと思っています。

 

生きもの大好き!

15943055_597762977087013_1204686231_o_1音楽以外の趣味では、とにかく生き物が好き!これは兄の影響なんですが、特に爬虫類が好きなんです。ヒョウモントカゲモドキがお気に入りなんですが、頭から尻尾にかけてのラインが可愛いくてたまらないんです。

あとは歌うのも大好きです。カラオケの十八番といえば、山口百恵&綾香。車で聞くのは昭和の歌謡曲で、キュンキュンするのは布施あきらです。ん?昭和感が漂いますね〜(笑、平成生まれですよ)

珈琲屋さんでバイトしていたこともあって、カフェも好きです。今時のおしゃれなカフェより、純喫茶系が良いですね(またしても昭和感・・)

 


フルートは一見難しいように感じるかもしれませんが、子供の頃にリコーダーをやったことがある方なら、間違いなく良い音が出ます!ぜひ、私と一緒にフルートを始めてみませんか?

話題の Skype オンライン楽器レッスン ジョイルは、0円体験レッスンから。

関連記事


The following two tabs change content below.
金子 良江(フルート)

金子 良江(フルート)

いつも、心地よい演奏をしたい。歌うことが好きで、カラオケでは山口百恵。生き物も大好き、特に爬虫類。 山手の丘音楽コンクール2012奨励賞。第9回日本管打楽器ソロコンテスト銀賞。
金子 良江(フルート)

最新記事 by 金子 良江(フルート) (全て見る)