オンライン楽器レッスンを受けてみよう!〜フルート編


オンライン楽器レッスン Joyle(ジョイル)編集部の小池です。

「ピアノ」「ヴァイオリン」に引き続き、「オンライン楽器レッスンを受けてみよう!〜フルート編」をお届けします。

過去記事はこちら。

フルートは、過去に1年ぐらいやっていたので、一応音は出ますが初心者です。ヴァイオリン同様、Joyle(ジョイル)でフルートが吹けるようになりたいと思っていますが、さてさて・・・。

金子良江講師
金子良江講師

レッスン開始

フルートの担当は、金子良江講師。笑いがいつも絶えないレッスンで、人気上昇中の講師です。金子講師は、生徒さんの個性を引き出していきたいと思ってるそうなので、ぜひ僕のわずかな音楽センスも引き出して欲しいところです(笑)

 

実際のレッスン

今回のレッスン部屋は、近所のカラオケルームです。休日の午前中ですとフリータイム(4時間まで)で¥1,500程度と、かなりリーズナブルです。

レッスンは、簡単な音階から始まりました。講師が吹くのに付いていくように、一つ一つの音を吹いていきます。

img_6337_1

久々に吹くフルートなので、すっかり忘れてしまった指使いがあるのですが、大丈夫。すぐに教えてくれます。

img_6302_1

そうして、音階が一通り吹けるようになりました。

ハッピー・バースデー・トゥー・ユーに挑戦!

音も出て、調子が良くなってきたところで、金子講師が「今日は、ハッピー・バースデー・トゥー・ユーをやってみましょう!」と言うじゃないですか。まだ一曲もソロで吹ける曲がなかったので、ちょっと自信がないものの、頑張って挑戦!

楽譜は持っていなかったのですが、金子講師が一つ一つ指示してくれました。

img_6367_1

まずは、最初の方に出てくる「ド、ド、レー、ドー」を繰り返し練習します。このドは、タンギングと呼ばれる吹き方で吹くのですが、ちょっと間違えると「タンギングができてませんよ〜」と優しく教えてくれます。運指や吹くことに夢中で、吹き方まで気が回らないので、このように一つ一つ指導してほしいものですよね。

同じように、全体をいくつかのパートに分けて練習します。慣れないうちは頭が混乱してきます・・・。しかし、金子講師の励ましもあり、なんとか最後のパートまで練習します。

また、口の形を表す「アンブッシュア」の指導では、講師が横向きになって分かりやすく教えてくれます。

img_6308_1

こういう指導も、オンラインでも問題なくできます。このアンブッシュアのレッスンでは、自分の口の形を作るようにすることと、息の圧力を変えることを学びました。

 最後に、最初から通して吹いてみると・・・、見事に最後まで吹き切ることができました〜!(感動)こうした喜びが、もっとうまくなりたい、新しい曲をやりたい、といったモチベーションになります。早速、誰かの誕生日で吹いてみたいと思います!

レッスンが終わって

爆笑する金子講師
爆笑する金子講師

子供の頃にリコーダーをやっていた方なら、フルートは吹きやすい楽器だと思います。やったことがない人でも、1レッスンで大体音が出るようになります。

気楽にレッスンを受けられるのが、オンライン楽器レッスンJoyle(ジョイル)の魅力。ぜひ無料お試しレッスンから始めてみませんか?

話題の Skype オンライン楽器レッスン ジョイルは、0円体験レッスンから。

関連記事


The following two tabs change content below.
小池宏幸

小池宏幸

イマドキのITお兄ちゃん。プラスアド代表。 スマート電子楽譜 piaScore、オンライン楽器レッスン「ジョイル(Joyle)」。ショパン大好きなアマチュアピアノ弾き。