フルートの名曲たち(後編)


オンライン楽器レッスン Joyle(ジョイル) フルート講師の金子良江です。

前編に引き続き、フルートの名曲たちご紹介します。

4. フルートソナタ(プーランク)

フランシス・プーランク(Francis Jean Marcel Poulenc, 1899-1963)のフルートソナタは、前編でご紹介したモーツァルトのフルート協奏曲並に人気があり、20世紀のフルートソナタとしては”最高傑作“と評される曲です。いくつかの楽章から成り立つソナタや協奏曲について、人気があるのはそのうちの1〜2楽章がほとんどですが、この曲は全3楽章とも人気です。

吹いていてもとても楽しいですし、わくわくします。そして、不思議な中毒性があり、酔うとやりたくなる曲です(笑)。私は、高校の時に吹いたのですが、この曲をいっぱいさらいました。技巧的に難しいというわけではないのですが、時間を掛けて音色作りをしたのが思い出です。

ちなみに、プーランクは私が好きな作曲家なんです。彼がピアノ用に作曲した「エディット・ピアフを讃えて」も素敵な曲です。私はフルートが専門ですが、この曲だけはピアノで弾けるんですよ(笑)

5. バラード(マルタン)

フランク・マルタン(Frank Martin, 1890-1974)のバラードは、宙に浮いた感じの不思議な曲です。まさに現代曲という感じです。

高校の時に、先生に薦められて取り組んだのですが、掴みどころのない旋律に「これは暗譜出来ない・・」と思っていたら、意外にも自分の中に”入ってきた”んです。この曲を吹くまでは、クラシック曲ばかりやっていたのですが、以降は現代曲にも取り組めるようになりました。そんな転機の曲です。

この曲は、高校の時に同級生で、Joyle のピアノ講師の本田瑠里子講師とやった思い出深い曲でもあります。

6. リノスの歌(ジョリヴェ)

アンドレ・ジョリヴェ(André Jolivet, 1905-1974)は、一風変わったフランスの作曲家で「音楽のジキルとハイド」と揶揄されたほどです。そのジョリヴェは、フルートのための作品をいくつか残したのですが、その中でもこの「リノスの歌」はフルート奏者のあこがれの曲です。

また、難しい曲とも知られています。それだけに下手に手が出せないと思って、私はまだ挑戦はしていませんが、いずれじっくり取り組んでみたいと思っています。


前編と2回に渡ってお届けしたフルートの名曲、いかがでしたでしょうか。フルートにはまだまだたくさんの名曲がありますので、一緒に吹いてみませんか?

話題の Skype オンライン楽器レッスン ジョイルは、0円体験レッスンから。

関連記事


The following two tabs change content below.
金子 良江(フルート)

金子 良江(フルート)

いつも、心地よい演奏をしたい。歌うことが好きで、カラオケでは山口百恵。生き物も大好き、特に爬虫類。 山手の丘音楽コンクール2012奨励賞。第9回日本管打楽器ソロコンテスト銀賞。
金子 良江(フルート)

最新記事 by 金子 良江(フルート) (全て見る)