フルートの名曲たち(前編)


オンライン楽器レッスン Joyle(ジョイル) フルート講師の金子良江です。

2回に渡って、ソロ(ピアノ伴奏)で吹ける曲を中心に、私が大好きなフルートの名曲たちご紹介します。フルートに馴染みのない方でも、一度聴いて頂ければ、フルートの魅力にハマること間違いなしです!

1. フルート協奏曲第2番 ニ長調 K.314 (285d) (モーツァルト)

モーツァルト
モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756-1791)が作曲した、フルートとオーケストラのための曲です。ピアノ伴奏で演奏されることも非常に多く、音大受験やコンクールなどでも良く演奏されます。おそらく、音大に行ったフルート奏者で、演奏したことはない人はいない、というくらいに有名な曲です。

この曲の魅力は、モーツァルトらしい明るく快活で、とても耳馴染みの良い旋律です。“The Mozart”という感じです。また、曲の出だしに装飾や伸ばし音など、フルートの特徴が分かりやすい部分があるため、そこを聴いただけで技量が分かってしまう怖い?曲でもあります。

某ピアノアニメでは、オーボエ吹きが演奏したので聴いたことがある方も多いと思います。

2. アルルの女より”メヌエット”(ビゼー)

ビゼー
ビゼー

アルルの女」は、フランスの作曲家、ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet, 1838-1875)が作曲した管弦楽曲ですが、その中にフルートが大活躍する場面があります。それがこの「メヌエット(Menuet)」。題名は知らなくても、きっと曲は一度は耳にしたことがある人がほとんどだと思います。改めて語ることがないぐらいに、有名な曲です。

この曲は、聴くのと吹くのではイメージが違う曲なんですよね。簡単そうに聴こえる旋律ですが、口の形(アンブッシュア)がしっかりしてないと吹けない曲なんです。フルートを始めた方は、この曲を目標にすると良いでしょう。

ちなみにメヌエットとは、フランスの民族舞踊に由来する、ゆったりとしたリズムで優雅な踊るための宮廷舞踊のことです。

3. カルメン幻想曲(ボルヌ)

ガッリ=マリーが扮するカルメン
ガッリ=マリーが扮するカルメン

フランスのフルート奏者、フランソワ・ボルヌ(Francois Borne, 1840-1920)が、ビゼーのオペラ「カルメン」の”美味しいところ”を上手く抜粋して、一つのフルート曲に編曲したのがこの「カルメン幻想曲」です。

カルメンの超絶技巧さとあいまって、誰でも楽しく聴ける名曲です。もちろん吹いていても楽しくて、私が人前で演奏する際には良く取り上げる曲でもあります。


こうしたたくさんの魅力が詰まった楽器、フルート。ぜひ私のフルートレッスンを受けてみませんか?

話題の Skype オンライン楽器レッスン ジョイルは、0円体験レッスンから。

関連記事


The following two tabs change content below.
金子 良江(フルート)

金子 良江(フルート)

いつも、心地よい演奏をしたい。歌うことが好きで、カラオケでは山口百恵。生き物も大好き、特に爬虫類。 山手の丘音楽コンクール2012奨励賞。第9回日本管打楽器ソロコンテスト銀賞。
金子 良江(フルート)

最新記事 by 金子 良江(フルート) (全て見る)