サックス講師 千野哲太


こんにちは、オンライン楽器レッスン Joyle(ジョイル) サックス講師の千野哲太です。

実は、ちゃんと自己紹介していなかったので、今回は音楽のことから、その他の趣味などについて、1記事にわたりひとつ自己紹介してみようと思います。

ただの自分語りになりませんように(>人<)

小学生になりました

それでは、はじまります。

小学生になりました(生まれも育ちも神奈川県ですが、生まれた時のことは覚えていないので小学生から始めます)。小学生は、野球少年でした。夢はプロ野球選手!普通の子どもですね。でも、リコーダーは好きでした。

五年生の時に、当時のクラスメイトのピアノの演奏を聴いて、ピアノを習いはじめました。でも、練習は嫌いでしたね(笑)

中学生になりました!

中学生になり野球応援でラッパを吹きたく、吹奏楽部に入りましたが、色々とありサックスパートに配属されました。色々との部分は、レッスンで聞いてくださいね(・ω・)ノ

一年生のときはテナーサックスを担当し、コンクールに出ました。が、あまりにも下手だったのか、バリトンサックスに回されました(汗)。でも、めちゃくちゃ練習しました。とにかく音階を吹き続けていましたね。今思えば、それがとても役に立っています。

待ちに待ったアルト(バリトンより軽いから)

そしてアルトサックスを吹き始めたのは、二年生になる直前のとき。初めて吹いたソロは、アメイジンググレイス。須川展也先生の音をたくさん聴いて研究しました。その須川先生が今の先生であるのは、とても不思議な感じがしますね。そのアメイジンググレイスは、今でも大切な時に吹くレパートリーになっています。

退部からバンド

しかし、そんな頑張りも虚しく、二年生の終わり頃に部活の幹部たちと、えらいすれ違いを起こしまして(笑)。そして、ロックバンドを始めるために退部をしました。サックスを全く吹かない時期があったのです。

でも、その期間に色々と学びましたね。クラシック以外のジャンルの良いところを、たくさん吸収しました。結局、僕はロックバンドからジャズに興味が出て、再びサックスを吹き始めたが、他の音楽を知ることができたため、とても良い期間だと思っています。

高校では毎日朝練

そんなこんなで、気づいたらサックスをまた吹いており、音楽を専門に勉強できる神奈川県立弥栄高校に入学しました。

が、周りのレベルの高さに圧倒され、ついていくのが本当に大変でした。高校3年間は、7時の開門に合わせて学校に行き、休みなく朝練をしました。もちろん内容は基礎。音階とロングトーンをひたすら研究して、たまにエチュードを練習する、そんな毎日が当たり前になっていました。

高校2年のときにJr.サクスソフォンコンクールで一位をいただけたのも、一緒に頑張った仲間がいたのも、音楽高校ならではのことですね。

大学受験

そして、とうとう僕にも大学受験の日がやってきます。この文章を書いている日は、なんと2017年のセンター試験の日!受験生がんばれ〜、と話が脱線しそうになりますが、僕もセンター試験はめちゃくちゃ頑張りました(笑)。入試の裏話的なものもたくさんあるのですが、専門的な話になってきますのでそちらもレッスンで聞いてください(笑)

16144773_766056466887095_135522145_n東京藝術大学に入学

なんとか合格者の仲間入りができ、いまは東京藝術大学に通っています。クラシックの傍ら、中学時代に少し触れたロックやファンク、ジャズなどにも取り組んでいます。大学に入ると、好きなことがたくさんできるので楽しいですね(笑)。

ちなみに、Tokyo Rock’n Saxってバンドで、バスサックスを吹くので聴いてみてください、こちらはロックです。ホームページに試聴欄もありま〜す。

他の好きなことも

趣味もありますので、ちょこっと番外編。

野球、とても好きです、やるのも観るのも大好き。去年は20回以上観戦いきました(笑)

あとは、車を運転します。マニュアル車を頑張って維持しながら乗ってます。

車と野球好きの皆さま、是非お話ししましょうー。

千野哲太(20)の音楽的総まとめ

やはりこう振り返ると、自分の楽器の思い出は基礎練にあります。

やはり、基礎練は苦しいです。誰だってそうだと思います。でも、そこで頑張ると、上手くなること以外の副産物もついてきます。基礎練を楽しくやる方法も、レッスンではお教えしちゃいます!

曲も、もちろんレッスンしてますよー!

話題の Skype オンライン楽器レッスン ジョイルは、0円体験レッスンから。

関連記事


The following two tabs change content below.
千野 哲太(サックス)

千野 哲太(サックス)

1996年生まれ。横浜市出身。2015年、神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻卒業。高校在学中、校内オーディションを通過し、ブダペストの聖テレジア教会とウィーンのシューベルト生家で演奏。弥栄高校芸術科音楽専攻第5回室内楽・協奏曲・アリアの夕べ出演。 日本サクソフォーン協会主催、第16回ジュニアサクソフォーンコンクール第1位。 2016年、自身初のソロコンサートを横浜市にて開催。 また、ロックバンド”アマリリス”のライブ、レコーディングにサポートメンバーとして参加、アレンジャーも務める。 世界初のサクソフォーンとドラムのみによるロックバンド"Tokyo Rock'n Sax"では、加入前からレコーディングに参加。 MALTA氏主宰のJAZZ IN GEIDAI 2016に出演。 サクソフォーン以外にピアノや作曲でのコンクール一位及び入賞歴も生かし、路上ライブなども行う。音楽活動におけるモットーは"ジャンルレス"。 これまでに、サクソフォーンを田村哲、田村真寛、冨岡和男、須川展也、大石将紀の各氏に、室内楽を林田祐和氏に師事。マスタークラスなどで、Jerome Laran、大森義基、有村純親、福本信太郎、Levente Puskas、下地啓二、Claude Derangle、Nikita Zimin、松下洋、Arno Bornkampの各氏のレッスンを受講。第20回浜松国際管楽器アカデミー受講。Tokyo Rock'n Sax、メンバー。現在、東京藝術大学二年次在学中。
千野 哲太(サックス)

最新記事 by 千野 哲太(サックス) (全て見る)