案外手が届く楽器? ヴァイオリン


皆さん、こんにちは。オンライン楽器レッスン Joyle(ジョイル)ヴァイオリン講師の早川乃里子です。

今回は、ヴァイオリンのビックリするギャップについて、お伝えしたいと思います。

ヴァイオリンのイメージ

「ヴァイオリンって、どんなイメージが思い浮かびますか?」という質問をすると、こんな答えが返ってくるでしょう。

  • 上階級の富裕層が楽しむ楽器
  • 崇高な楽器
  • お金かかりそう
  • 高そう
  • 堅苦しい感じ
  • 難しそう
  • 上品なイメージ
  • 憧れ

皆さんもどこか当てはまりましたか?私の経験上、ヴァイオリンに対して「敷居が高い」というイメージを持っている方が多いように感じることが多いです。

ヴァイオリン=高価?

この中でも、ヴァイオリンを始めるのに障壁が高いのは、きっと「価格」だと思います。

ヴァイオリンって、安くても数十万すると思っていませんか?10万円?20万円?もうちょっと高い・・・?いやいや、実はそんな高くないヴァイオリンもあるんです!

確かに、世界3大ヴァイオリンの一つ「ストラディバリウス」のヴァイオリンは数億円もしますし(買えないですよね・・)、プロのヴァイオリニストが使うヴァイオリンであれば少なくとも数百万円はします。

ところが、調べてみると1万円もしないヴァイオリンがあるんです。

1万円もしないヴァイオリン?!

「え、そんな安くてちゃんと音出るの?」という疑問をお持ちの方、こちらをご覧ください。

6,300円のヴァイオリンの音色>

安くても、なんと、これだけ美しい音色が出ます!(決してこの楽器店の回し者ではございません)。もちろん、通常のヴァイオリンと同じく弦は4本、弓もついています。

「××格付け」というテレビ番組では、よく「ヴァイオリンの聴き比べ」という企画をやってますよね。そんな企画をやるくらいですから、音色の違いは精通した人でないとあまり分からないのです。

ですので、趣味でやる分には6,300円のものでも十分です笑。飲み会を1、2回我慢するだけでヴァイオリンが買えるなんて、思ってもいなかったことでしょう!!!?笑

このように、まだヴァイオリンを持っていない方でも、興味があれば実は気軽に始めることができますよ♪

購入方法ですが、動画にも一例としてありますように Amazon などで購入できます

screenshot1

白やピンクのヴァイオリンなんかもあって、華やかですね〜。


ヴァイオリンを買ってはみたものの、何から始めて良いか分からない方のために、 Joyle(ジョイル) ではゼロから丁寧にヴァイオリンのことをお伝えしています。

ぜひ、お気軽にチャレンジしてみてください!

話題の Skype オンライン楽器レッスン ジョイルは、0円体験レッスンから。

関連記事


The following two tabs change content below.
早川 乃里子(ヴァイオリン)

早川 乃里子(ヴァイオリン)

ヴァイオリンの敷居の高いイメージを払拭すべく活動しています。クラシックだけでなくポップスや機材を使ってのアレンジなど、融合した音楽を世界的に演奏を通して発信しています。音楽を聴くという「受動的」なものでなく、聞きたいという「能動的」なものになるよう心がけています。そのためには何が必要な要素となってくるのかレッスンの中で感じて頂けたらと思います。 レッスンでは「気づき」が「学び」であり「上達への近道」だと考えています。ヴァイオリンを通して音楽を楽しみましょう。 全国音楽コンクール6年連続オーケストラで全国大会出場。内2回は全国1位受賞。2016年オーストラリア(シドニー)公認ヴァイオリンパフォーマー。