クラシックサックスの曲たち(後編)


Joyle サックス講師の千野哲太です、こんにちは!

今回は、先日のサックスの曲紹介(前編)の続きです。

普段日の目を浴びることが、それほど多くはないクラシックサックスの曲ですが、そこには知られざる魅力が詰まっていることもあるものです。

みなさんと一緒にその魅力を発見して、共有し、伝えていけたらいいなと思います。

4. 吉松隆 作曲「Fuzzy bird sonata」

日本を代表するサクソフォニストの須川展也氏の委嘱により作曲された、その時代を代表するサックスの曲です。Fuzzy にはあいまいなという意味があり、クラシックやジャズ、民族音楽の要素を取り入れた曲です。

曲は3つの楽章に分かれていて、それぞれに

第1楽章 Run bird

第2楽章 Sing bird

第3楽章 Fly bird

と、副題がつけられています。スラップタンギングなど、特殊奏法も必用とする曲です。

文章読むより聴いてみて!という感じですかね(笑)

5. J.Demelssemn 作曲「Fantaisie sur un theme original」

この曲はクラシックサックスにとっては古典レパートリーです。古典といっても19世紀ですね。音楽界で古典というと18世紀の頃を指すので、サックスの歴史の浅さを感じます。

日本語での題名は、オリジナルの主題による幻想曲。カデンツァ風の場面や変奏の場面などがありとても面白いです。

音楽界ではオペラが流行っていた時代なので、やはり劇的な曲調の変化が印象的な曲ですね。

奏者によって様々な解釈があるのでたくさん聴いてみるととても勉強になります。このようなシンプルな曲には、お国柄が出ますね。

サックスの曲の中では、聴きやすい曲なのではないでしょうか。

先週この動画のアルノ・ボーンカンプ氏のレッスンをドゥメルスマンで受講したのですが、先生の吹くその音にしびれましたねー!

6. D.Milhaud 作曲「Scaramouche」

(音が途切れるところがありますが、オススメの動画なのでこちらを紹介します)

フランス6人組の一人であるダリウス・ミヨーの作品です。ミルハウドではありませんよ、ミヨーです!

映画音楽も作曲したミヨーは、1937年に2台ピアノ用にスカラムーシュを作曲し、その後サックス版を出版しています。

3曲に分かれていて、3曲目だけに具体的なタイトル”ブラジルの女” がつけられています。サンバのリズムなども使われていて非常に楽しい曲です。コンサートピースにぴったりなのではないかと思います。僕も何度も演奏している曲なので、思い入れはありますね(笑)ただ、技術的にも練習が必要な部分もあるので、楽しい曲といっても演奏者は集中力が必要です。

今回は、比較的聴きやすい曲を選んでご紹介してまいりました。

本当は、もっと怖い曲や、難しい曲、変わった曲、これ曲なの?という曲、特殊奏法ばかりの曲、曲の最後までブレスをほとんどしない曲などなどたくさんあるのですが、今回はここまで。

前編後編が終わってしまったので、現代曲編、邦人作曲家編などご紹介できそうなものがあったらどんどんしていきますのでお楽しみに!

紹介した曲たちのレッスン受講もお待ちしてます。一緒に練習しましょう!

話題の Skype オンライン楽器レッスン ジョイルは、0円体験レッスンから。

関連記事


The following two tabs change content below.
千野 哲太(サックス)

千野 哲太(サックス)

1996年生まれ。横浜市出身。2015年、神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻卒業。高校在学中、校内オーディションを通過し、ブダペストの聖テレジア教会とウィーンのシューベルト生家で演奏。弥栄高校芸術科音楽専攻第5回室内楽・協奏曲・アリアの夕べ出演。 日本サクソフォーン協会主催、第16回ジュニアサクソフォーンコンクール第1位。 2016年、自身初のソロコンサートを横浜市にて開催。 また、ロックバンド”アマリリス”のライブ、レコーディングにサポートメンバーとして参加、アレンジャーも務める。 世界初のサクソフォーンとドラムのみによるロックバンド"Tokyo Rock'n Sax"では、加入前からレコーディングに参加。 MALTA氏主宰のJAZZ IN GEIDAI 2016に出演。 サクソフォーン以外にピアノや作曲でのコンクール一位及び入賞歴も生かし、路上ライブなども行う。音楽活動におけるモットーは"ジャンルレス"。 これまでに、サクソフォーンを田村哲、田村真寛、冨岡和男、須川展也、大石将紀の各氏に、室内楽を林田祐和氏に師事。マスタークラスなどで、Jerome Laran、大森義基、有村純親、福本信太郎、Levente Puskas、下地啓二、Claude Derangle、Nikita Zimin、松下洋、Arno Bornkampの各氏のレッスンを受講。第20回浜松国際管楽器アカデミー受講。Tokyo Rock'n Sax、メンバー。現在、東京藝術大学二年次在学中。
千野 哲太(サックス)

最新記事 by 千野 哲太(サックス) (全て見る)